髪質もカラーも諦めたくない!【リタッチ】&【髪質改善】のススメ

photo by 寺村優太

髪質もカラーも諦めたくない!【リタッチ】&【髪質改善】のススメ

2015.06.24 公開
by 寺村優太
0 | 1955 point

毎回全体を染めていたらどんどん傷んじゃう…。 髪質やダメージ具合によりカラーの色持ちや色の抜け方には個人差はありますが、 髪を傷めたくない方にとって全体カラーを減らせるのは嬉しいですよね? そこで!「リタッチ」&「髪質改善」で 傷みの少ないよくばりカラーリングをご紹介します☆

「リタッチ」で髪質重視のヘアカラー!

①色が抜けても綺麗に見える髪色に染める
数ヶ月経って色が抜けても綺麗な色!
そして肌も綺麗に見える!

これ最高ですよね?

②二回目以降はリタッチ(根本のみ)しかカラーはしない
伸びた分だけカラーします!
リタッチも数ヶ月経ってもちょうどよい明るさに薬剤を設定しています。

毎回リタッチだけならカラー1回分の傷みしかないから
自分に似合う髪色にしながら美髪も維持できてしまうんです。

「髪質改善」もしながらカラーチェンジ!

傷むと分かっていてもカラーしなくてはいけない人へ。
髪質改善によるトーンダウンが可能です!

髪質改善で髪に色がなぜ入るのか?
それは髪質改善の行程の1つに秘密が…。

ハーブを使用して髪密度を高めるというプロセスがあるのですが、
ハーブの特性で色も入ります!

天然100%のハーブをじっくり髪に浸透させていきます。

「髪質改善」の詳細はコチラ

※airly内記事または外部サイトへ遷移

ハーブでカラーリングの特徴

ハーブでカラーリングの特徴

photo by 寺村優太

【カラーバリエーション】
カラー剤の様なバリエーションはありませんが、
●自然なブラウン
●アッシュブラウン
でしたら髪質改善で色を入れることが可能です。

【傷まない?】
カラーで髪が傷む原因と言われている
●アルカリ剤
●過酸化水素
がハーブには入っていません!

【こんな方にオススメ】
①カラーの繰り返しで髪が傷んだと感じた
②毛先の明るさは気になるけど、これ以上傷めたくないからカラーはしたくない!

【ハーブのデメリット】
●明るくすることはできません!
●根本の黒い毛は染まらないため、リタッチは必要
●薬剤を使わないため、カラーより色が入るのに時間は少しかかります


根本はカラーでリタッチ。
毛先のすでに明るい部分にハーブをうまく活用したら
本当に髪を綺麗にしていけますよ。

モテる女性は髪色よりも髪質を優先している♥

実は髪色以上に意識したいのが髪質。
髪質=生命力です。

子孫を残す”という観点から、男性は無意識的に
ツヤツヤの髪=体に不調がない女性を選ぶようです。

髪質重視のカラーリングで
モテ美髪を目指しませんか?♥

この記事について質問する

この記事を書いた美容師さん

寺村優太

美髪アドバイザー 兼 Lily美容師。 ヘアケアのプロとして、多種多様なメディアに....

WorkCanvas

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク