1手間で出来る♪ 巻き髪を1日キープする3つのポイント〜湿度に負けないで〜

photo by 狩野典子(かののりこ)【LAULEA★表参道】

1手間で出来る♪ 巻き髪を1日キープする3つのポイント〜湿度に負けないで〜

2015.06.12 公開
by 狩野典子(かののりこ)【LAULEA★表参道】
0 | 9609 point

せっかく巻いた髪が、雨や湿気でくずれてテンション下がる…。そうならないために、カールをキープするコツです。ひと手間でキープ力アップ!!

巻く前のポイント①♥︎

巻く前のポイント①♥︎

photo by 狩野典子(かののりこ)【LAULEA★表参道】

【髪は完全に乾いた状態で巻く】

ドライヤーでしっかりと乾かしてから巻くようにすると、くせがつきやすく持ちもよくなります。

濡れた状態ではカールはつきません。
しっかり頭皮から毛先までドライヤーで乾かしてから巻きましょう。

巻く前のポイント②♥︎

巻く前のポイント②♥︎

photo by 狩野典子(かののりこ)【LAULEA★表参道】

【巻き髪用のヘアスプレーを使う】

髪をコテの熱から守る効果もあるので、
使用することで髪が傷みにくくなります。

髪が傷んでいるとカールのくせがつきにくく、
持ちも悪くなってしまうので、傷まない対策を行うことも大切です。

巻いた後のポイント♥︎

巻いた後のポイント♥︎

photo by 狩野典子(かののりこ)【LAULEA★表参道】

【髪をすぐに崩さずに完全に乾いてからほぐす】

コテで巻いた直後ではなく、髪が冷えたときにカールのくせが固定されます。

巻いた直後、髪に熱が残っているときに
手ぐしでほぐしてしまうとせっかく巻いたカールが取れてしまうことも。

♥基本の簡単な巻き方♥

※airly内記事または外部サイトへ遷移

♥︎跳ねない乾かし方♥︎

※airly内記事または外部サイトへ遷移

簡単★アレンジ★

※airly内記事または外部サイトへ遷移

ぜひ参考にしてみてくださいね。

狩野典子のサロン情報はこちら
http://www.lauleas.com

狩野典子のWEB予約はこちら
https://my.saloon.to/?g=12152&m=0001

この記事について質問する

この記事を書いた美容師さん

狩野典子(かののりこ)【LAULEA★表参道】

ヘアケアマイスターの資格を持ち、サロンワークを中心に美容師として活動する一方、雑誌....

WorkCanvas

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク