扱いづらい髪…【縮毛矯正】でサラサラヘアになりませんか♪

photo by 寺村優太

扱いづらい髪…【縮毛矯正】でサラサラヘアになりませんか♪

2015.06.03 公開
by 寺村優太
2 | 2512 point

縮毛矯正、かけてみたいけどかなり痛むんじゃないの?なんて不安になってる皆さん。けど心配ご無用! 今日は縮毛矯正を迷っている皆さんの背中を押しましょう!縮毛矯正の細かい部分までお伝えしていきます。

いっぱい考えて施術してます!

実は縮毛矯正って難しい技術なんです。

○薬剤知識
○毛髪診断力
○ダメージの見極め
○薬剤の塗り分け
○薬の塗布のスピード
○アイロン操作
○アイロンの熱コントロール

だけど、これら全てのバランスをうまーくコントロールしていけば、
あなたの髪も綺麗で自然なストレートに導くことが可能です!

うねうねクセ毛も
ボリュームが出やすい髪も
パサパサしている髪も
クルクルなくせ毛さんだって
サラサラ♪ツルツルに!

※でも!難しい技術だからこそ、美容師さんによって仕上がりに出やすいものでもあります。
しっかり信用できる美容師さんに相談することをお勧めします。

こんなに変わる♪

こんなに変わる♪

photo by 寺村優太

例えば広がりやすく、全体的にぼわっとしてしまう髪質の方。

毛先はカラーなどのダメージでキューティクルが開き、
ザラザラな手触りに…

広がりやすいくせ毛は…
①一液で二種類の薬剤を使う!
二種類の還元剤(髪の毛のシスチン結合を切断する薬剤)を使いダブル還元!

②一液の流しの際に、アルカリ除去剤を使う!
髪の毛を弱酸性に戻し、開ききっていたキューティクルを閉じさせます!
キューティクルを閉じることにより、
ストレートアイロンの摩擦でキューティクルが剥がれてしまうのを未然に防ぐことができます。

③低温のアイロンを使用
アイロンは低温ストレートを使用し、無駄な熱によるダメージを防ぎます!

④二液の後も気を配る♪
二液を流したあとは、アフター処理剤を使用し、
髪の毛に化学物質が残留しないように除去!

これをすることで、縮毛矯正の持ちが格段に上がり、
一ヶ月先のダメージ具合にも大きな差が出ます。

縮毛矯正とストパーの違い

※airly内記事または外部サイトへ遷移

人生初めての縮毛矯正をして半年経過♪

人生初めての縮毛矯正をして半年経過♪

photo by 寺村優太

こうやって一つ一つの行程をちゃんと考えながら
丁寧に縮毛矯正してあげると…

半年前に初めての縮毛矯正をされたお客様のご来店直後の状態です♪

いかがでしょうか?
お客様が自宅で乾かすだけで、このサラサラ感なんです♪
枝毛や切れ毛に全くなってませんでした!

半年で縮毛矯正がとれてしまうどころか、
傷みを全く感じさせない綺麗な髪ですよね?

これだと根本の新しく伸びてきた部分のみの縮毛矯正で十分ですよ♪

むしろ全部にかけちゃうと傷んじゃうので…
定期的に伸びた部分だけかけていきましょう♪

皆さんの不安は解消されましたか?

自分の髪質は無理だと諦めないでください!
自分の髪のことを真剣に考えてくれる美容師さんに出会って
サラサラヘアになっちゃいましょう♪

この記事について質問する

この記事を書いた美容師さん

寺村優太

美髪アドバイザー 兼 Lily美容師。 ヘアケアのプロとして、多種多様なメディアに....

WorkCanvas

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク