お風呂上がりから美髪を目指せ☆正しいタオルドライとブラッシング方法

2015.05.13 公開
by 寺村優太
0 | 2554 point

美髪作りは髪の毛のダメージをどれだけ防げるかにかかっています!ヘアケアのファーストステップともいえる『ドライ』。皆さんは髪を洗った後、きちんと乾かせてますか?乾かすだけでしょ?なんて侮る無かれ!髪の毛は濡れている時が一番傷みやすいんです!今回はタオルドライから最後のブラッシングまで正しいやり方・方法を紹介します。

まずはタオルドライ

まずはタオルドライ

photo by 寺村優太

髪は摩擦に弱いんです。
だから優しく丁寧に拭いてあげましょう。

1.タオルを全体的に被せて
まずは押さえつけるようにして髪の水分をとります。

2.指の腹を使ってぽんぽんと優しく揉む
バレーボールのトスをするようなイメージ!
地肌に付いている水分を取っていきます。
この時髪同士はこすらないようにね!

触った時に水が滴り落ちない程度まで
タオルで乾かしましょう。

髪の長い女性は…

髪の長い女性は…

photo by 寺村優太

髪の長い女性はタオルで包んでターバンにしてあげましょう。
この状態で長くて10分程度!
それ以上包んだままだと、髪の中で雑菌が発生して
頭皮の匂いの原因になったり、衛生的に良くないですよ!

温かくてじめじめした状態だと雑菌や、ばい菌が繁殖しやすいんです。

ある程度乾いたらドライヤーで

髪から水滴が落ちてこなくなったら
ドライヤーで乾かしましょう。

ドライヤーでの正しい乾かし方は以前にも紹介させていただきましたが
ポイントを簡潔にに説明すると、
●根元から乾かすこと
●ドライヤーを振るようにして広範囲に風と熱を与えること
●8割乾いたところで温風を止めること
●最後は冷風で乾かすこと
です♪



ドライの詳しい説明

※airly内記事または外部サイトへ遷移

最後にブラッシング!

ある程度乾いた状態で
ブラッシングを行いましょう。

とかす順番は
毛先→中間→根本
の順番!

絡まっている髪を
根本から無理やりとかすのはNG

キューティクルが剥がれ、
髪の傷みにつながります!

一番ダメなのは乾かさずにいること!
濡れてる時が一番傷みやすいんだから!

ロングの人は乾かすのも大変かもしれないけど
そこはキレイな髪のため!

お風呂上がりから美髪を目指しましょう☆

この記事について質問する

この記事を書いた美容師さん

寺村優太

美髪アドバイザー 兼 Lily美容師。 ヘアケアのプロとして、多種多様なメディアに....

WorkCanvas

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク