『ゆるふわ』を手に入れろ!!パーマを自宅で完全再現する方法

photo by YSO

『ゆるふわ』を手に入れろ!!パーマを自宅で完全再現する方法

2015.01.22 公開
by YSO
4 | 9706 point

まだまだこの『ゆるふわ』というキーワード、注目されていますよね。 それを手にいれるためにサロンでパーマをかけたはいいが、、、自宅でできないっ!って方、多いですよね。 今回はそんな方たちのために正しいドライの方法をレクチャーします。

ダメなドライ方法はこれ!

ダメなドライ方法はこれ!

photo by YSO

・タオルドライ後すぐ乾かす。
・前側からしかドライヤーをかけない。
・根元ばかりに手を当てて毛先をブンブン振りっぱなし。

まずはしっかりとタオルで余分な水気を取りましょう

まずはしっかりとタオルで余分な水気を取りましょう

photo by YSO

毛先に水分が残っていると、どうしてもドライ時に重さで、髪が引っ張られ(遠心力によるもの)ウェーブがダレてしまいます。
目安としては、触ってちょっと冷たさを感じる程度までここで乾かしましょう。

アウトバストリートメント(流さないトリートメント)しっかりとつける

アウトバストリートメント(流さないトリートメント)しっかりとつける

photo by YSO

毛髪の保護としてだけでなくセット剤の前の『下地』としてつけてあげましょう。
種類によってはジメチコンなどの柔軟成分が配合されているものもあるので、
自分に合ったものを選ぶとなお良いでしょう!

丁寧にコーミング(ブラッシング)を!

丁寧にコーミング(ブラッシング)を!

photo by YSO

以外と知られていないのが、『コーミング』。
ドライ前にこれをやっておくことで、ツヤのある『ふわ』が手に入ります。
ちなみに、クシを通しても濡れている段階であらば、パーマはダレません。

いよいよドライヤー! まずはトップから

いよいよドライヤー! まずはトップから

photo by YSO

こぶしくらいの大きさの範囲をざっくりとつかんで
どちら回しでも良いので『クルッ』とひねりながら乾かします。

毛先までしっかりと回すように

毛先までしっかりと回すように

photo by YSO

ここの部分が、『ゆるふわ』のメインと言っても過言ではありません。

その他の部分のドライのコツ

その他の部分のドライのコツ

photo by YSO

何と言っても毛先に遠心力がかからないようにすることが大切!
ひらがなの『つ』をイメージして毛先が手のひらに収まるように動かしてドライすると良いでしょう。

毛先が手のひらのところに来たら、持ち上げるようにする!

毛先が手のひらのところに来たら、持ち上げるようにする!

photo by YSO

毛先を軽く包んだまま持ち上げるようにドライしましょう。

全体終了!!ノーセットでもこのふんわり!!

全体終了!!ノーセットでもこのふんわり!!

photo by YSO

この状態に自分のなりたい質感に合わせたセット剤をつけてあげれば完了です!!

例)髪が硬い方・・・オイル系
  髪が柔らかい方・・スプレーワックスなど

いかがでしたか?やっていくうちにコツが掴め、だんだんとスピードアップしていけると思います。
ぜひ、諦めずに何度もチャレンジしてください!!

この記事について質問する

この記事を書いた美容師さん

YSO

埼玉県熊谷市に7店舗展開する頭皮・頭髪のドクターサロン『電髪倶楽部』の副代表。カラ....

WorkCanvas

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク