ブリーチ有り無しでどう違う?透明感カラー比較カタログ

2018.12.19 公開
by airly編集部
0 | 4833 point

ヘアカラーをするときに、ブリーチをするか否かって迷うポイントだったリします。ブリーチの有り無しで変わる印象や、メリットデメリットを比べてみて、カラーの時の判断材料にしていただければ嬉しいです♪♪ぜひ参考にしてみて下さい!

ブリーチ無しカラー

「グレージュロングヘア」

しっかり透明感を出したグレージュは
ブリーチ無しでもキレイに見えます!

特に暗髪だと落ち着いて見えて
大人っぽく仕上がるのでオススメ♡

ハイライトを入れて
濃淡を出すと、派手過ぎずにカラーを楽しめます!

「グレージュ外ハネミディ」

ちょっと若めな外ハネミディは
暗めのグレージュでバランスを。

透明感だけではなく
くすみもしっかり残して、
グレージュならではのアンニュイさも
取り入れるのがオススメ☆

ダークトーンなりにテクをフルで使うのが
ブリーチ無しでカラーを楽しむコツ♡

ブリーチ有りカラー

「外国人風ブロンドカラー」

一回でしっかり明るくしたカラーリング。

黄味を押さえるカラー剤で
外国人風のブロンドに染まります☆

汚くなりがちなブリーチカラーも
黄味を抑えればキレイな透明感が出ますよ♪♪

「グラデーションカラー」

ブリーチでの傷みが気になる人は
グラデーションカラーで毛先にのみブリーチを!

傷んできたと思ったら毛先を切ってしまえばOK!

イメチェンの口実にもなりますし
飽き性の人にもオススメです。

Instagramはこちら

※airly内記事または外部サイトへ遷移

落ち着いた印象を優先するか
カラー自体を楽しむか
自分のライフスタイルに合わせたチョイスを♪♪

この記事について質問する

この記事を監修した美容師さん

Kazutaka Horitani

大阪のHair Salon Zooでスタイリストをしています☆ヘアスタイルやご自宅....

WorkCanvas

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク