【明るいカラーvs暗いカラー】比べてわかるそれぞれの良さ☆アナタはどっちが好きですか?

2018.02.10 公開
by airly編集部
0 | 3239 point

明るいカラーと暗いカラー、それぞれにどんな良さがあるのか知っていますか?イメージや偏見だけで挑戦したことない人も多いのではないでしょうか。。写真で比べてわかる良さをそれぞれの観点でご紹介します。どっちが好きか考えながら読んでみてください!

明るいカラー☆

明るいカラーは派手だと思われたり
汚いと言われたりします。

その色はきっと色の抜けた金髪であって
意図して作った明るいカラーではないから
汚く見えるのだと思います。

計算して作った明るいカラーは
ツヤや煌めきがあります。

コーラルな色味をチョイスすれば
優しくて柔らかい女性らしいカラーができますよ☆

暗いカラー♡

暗いカラーは
重い、地味、幼いなど
マイナスなイメージが多い気がします。

最近の暗いカラーは
そのようなマイナスイメージがなくなるような
きれいさを持ち合わせています。

透明感やくすみによって重さから解放され、
深い色味だからこそ
大人っぽさ、色っぽさも出すことができます。

上品で華麗な女性のあこがれのイメージを
しっかり演出してくれるので
年齢関係なく挑戦していただけます◎

Instagramはこちら

※airly内記事または外部サイトへ遷移

いかがでしたか?
もちろん好みはあるとは思いますが
それぞれの良さは誰が知っても納得のいくものばかり。
丁寧に作ればどんな色も素敵なのです。
ぜひ自分に合ったカラーを見つけてみて下さい☆

この記事について質問する

この記事を監修した美容師さん

AnZie 渡辺一正

AnZie スタイリスト 可愛いだけ、キレイなだけじゃ物足りない♪なりたい自分を叶....

WorkCanvas

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

「ヘアカラー」に関するQ&A

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク