アレンジで大活躍!今からでも間に合う!アメリカピンのあれこれ豆知識講座◎

2017.12.06 公開
by airly編集部
1 | 11721 point

いまさら聞けないアメリカピンのあれこれ。向きや差し方など基本的な留め方・留めるものに応じて変える留め方など、アレンジをする際に知ってると便利なアメリカピンのあれこれ豆知識。これらを今回は動画でご紹介したいと思います。

ねじったときのピンの留め方

アレンジでよく出てくるねじり。
ねじったところにピンを留めることは
とても多いと思います。
上手く留めれていないと、
アレンジが崩れやすくピンの意味がありません。

長い方が地肌、短い方が毛束
ここをしっかり守って動画のように留めてみて下さい!

くるくる丸めたときの留め方

三つ編みなどを丸めて留めるという
アレンジも比較的に多いと思います。

三つ編みはわりかしまとまったものなので
留めやすいとは思いますが、
一点一点を大事に留めないと
取れてきてしまうことがあります。
二点と決めず、
不安定なら追加して留めてみて下さい!

シニヨンの留め方

シニヨンはゴムで結んだところを留めるので
分厚く難しい箇所です。
ピンが少なければいいというわけでもなく
だからと言って
留めまくっていいというわけでもありません。

要点を押さえて留めれば、
しっかり留まります。
動画を見て研究してみて下さい!

なぜ?を解決!うまく留められない!

主な原因として考えられることは
・毛束を太く取りすぎてる。
・アメリカピンの強度が弱い。
→一度使うと2回目からは強度が弱くなります。
・正しいピンの留め方ではない。

アメリカピン一本で留まるとは
過信しない方がいいです。
決めつけるのではなく、
自分の毛量とアレンジのパターンに合わせて
柔軟に対応していきましょう!

YouTubeはこちら

※airly内記事または外部サイトへ遷移

アメリカピンの使い方を知っておくだけで
アレンジがとても簡単になります。
正しい使い方を覚えてみてくださいね!!

この記事について質問する

この記事を監修した美容師さん

鶴谷 和俊 ツルタニ カズトシ

Instagramにてヘアアレンジ動画配信しています♪♪ ⇩⇩⇩⇩ https:....

WorkCanvas

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

デイリーランキング

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク