photo by Kota Numayama

アレンジの定番♡ ”基本の波巻き”ウェーブスタイルをマスターして可愛く♪

2017.12.01 公開
by airly編集部
0 | 4072 point

ウェーブスタイルって、やっぱり可愛いですよね♪ 今回は、いつもの”基本の波巻き”をもっと可愛くするコツをご紹介します♪ 使うコテの太さや、スタイリング剤の質感など、細かいことで仕上がりに差が出るので、是非、チェックしてみてください♡

柔らかく、大人っぽい、ウェーブ巻き。

髪が柔らかく見える、ウェーブ巻きスタイルがこちら♪

32ミリのコテを使って、ナチュラルな波巻きにすると、
大人っぽい雰囲気の仕上がりに♪
自然なゆるっとしたウェーブが、髪を柔らかく見せてくれます♪

ウェーブ巻きのやり方☆
①毛束をとって、毛先を1回転分コテで内巻きに。
②内巻きカールの上を今度は外巻きに挟んで半回転させます。
※コテの丸みで形が出るので、回転しなくても大丈夫!
③形が付いたら、先ほどの外巻きの上側を、内巻きに挟んでカールします。
④内巻き、外巻きを交互に繰り返していきましょう!
⑤毛先はお好みのニュアンスに仕上げ、完成!!

POINT☆
・波巻きは、内巻きと外巻きのカールの間隔や、カールの太さによって、全く違う仕上がりに変わるので、自分のなりたいイメージに合わせて、
コテや巻き方を調節して、アレンジする♪
・ボブ〜セミディくらいの髪の方は、25ミリのコテを使用すると、アレンジしやすいです◎





腰ロングはツヤツヤに。

腰ロングはツヤツヤに。

photo by Kota Numayama

こちらは、32ミリのコテでしっかりと、外に巻いてからの、
波巻きウェーブスタイル♪

ポイント☆
・オイルで毛先の質感を妥協しない。

髪の長さが、腰ロングの方の場合、
髪の毛がツヤツヤでないと、毛先から色気が出ません。

普段から、トリートメントやオイルを付けて、
髪のツヤを保つように心がけましょう♪

あえてドライな質感も◎

あえてドライな質感も◎

photo by Kota Numayama

こちらは、ドライな質感を残したウェーブスタイル♪

今年はウェットな質感が流行でしたが、
今季はちょっとだけドライな質感を残してあげると、
ふわっと感が冬っぽく、可愛い仕上がりになりますよ◎

毛先だけに、オイルを軽く付けて、
ニュアンスを出してあげるのがポイントです♪

Instagramはこちら

※airly内記事または外部サイトへ遷移

いかがでしたか?アレンジの定番♡ ”基本の波巻き”ウェーブスタイルのコツをご紹介しました♪
可愛く巻いて、冬もおしゃれに楽しみましょう!
是非、参考にしてみてくださいね♪

この記事について質問する

この記事を監修した美容師さん

Kota Numayama

地下鉄渋谷駅徒歩2分HEATbyUNCUT&LOUNGEマネージャーの沼山です。 ....

WorkCanvas

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

デイリーランキング

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク