監修: 井坂和博

photo by 井坂和博

初心に帰って、ベースカラー「アッシュ&ベージュ&ブラウン」の魅力をおさらい♡

2017.10.12 公開
by airly編集部
0 | 4982 point

ベースカラーとしてよく紹介される、アッシュ・ベージュ・ブラウン。この3つのカラーは一昔前では主役級の色でした。最近ではいろんなカラーと配合されて特徴のある色を支えるベースとして活躍しています。そんな3つの色にもう一度スポットを当てて、魅力を再確認しようというものです♡シンプルな可愛さをお伝えできればいいなと思います。

赤味のないベージュカラー

赤味のないベージュカラー

photo by 井坂和博

photo by 井坂和博

最近ではグレーやカーキ、ブルーなど
いろいろな色と組み合わされていることが
多くなったベージュカラー。
柔らかみをプラスしてくれるので
寒色をまるくしてくれる役割をしていることが多いです。

そんなベージュ単体の色の魅力は、
赤味のない色なのにクールすぎないところです。

透明感抜群アッシュカラー

透明感抜群アッシュカラー

photo by 井坂和博

photo by 井坂和博

寒色カラーの代表、アッシュ。
今では他の色と組み合わされていることがほとんどです。
透明感を引き出してくれるので
外国人風カラーには全部!といっていいほど
配合されています。

他の色と混ざると透明感だけでなく、
くすみやトーンダウンしているように見せたりなど
落ち着いた印象のカラーへ
方向転換してくれる働きがあるように感じます。

カラーの王様ブラウンカラー

カラーの王様ブラウンカラー

photo by 井坂和博

ブラウンは王道中の王道!!
ブラウンがなかったらカラーが始まらない
といっても過言ではありません。
初カラーはブラウン系という人も
多いのではないでしょうか。

原色系の色と組み合わせたり
ベース系のアッシュやベージュとも合う◎
誰とでも仲良くなれるのが
ブラウンの一番の魅力です!
他の色と組み合わせることが増えても
やっぱりシンプルにブラウン単色も可愛いです。
ただのブラウンって…と懸念する人も
いるかもしれませんがこの時代だからこそ
綺麗なブラウンが作れるはずです。
美容師さんに聞いてみて下さいね☆

Instagramはこちら

※airly内記事または外部サイトへ遷移

ベース系カラーにもちゃんと魅力があって
主役をやってきたからこそ
今は支える側であるのかもしれません。
たまにはシンプルに単色を試してみては?

この記事について質問する

この記事を監修した美容師さん

井坂和博

イサカカズヒロ\29歳O型 青山の美容室CAREで、トップスタイリストをしています....

WorkCanvas

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

「ヘアカラー」に関するQ&A

デイリーランキング

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク