誤解しないで。トリートメントの種類の違いと役割

photo by pixabay.com

誤解しないで。トリートメントの種類の違いと役割

2015.04.17 公開
by 寺村優太
1 | 3084 point

美容室によってトリートメントの名前が違う。何が違うのか?みんな知りたいはずです。何が一番髪に効くの?こちらも知りたいと思います。 ただトリートメントの正しい役割を把握できていますでしょうか?トリートメントは髪を治すものではなく良く見せるもの。そちらをまずはご説明いたします。

こんな相談をいただきました。

こんな相談をいただきました。

photo by 寺村優太

トリートメントって確かに美容室によってトリートメントの名前が違いますよね。

何が違うのか?何が一番髪に効くのか。
皆様そこを気にされているとおもいます。

どのトリートメントにも言えること

確かに美容室によって取り扱っているメーカーは違う

更には工程も違う
3ステップのトリートメント
ナノスチームや遠赤外線アイロンを使用したり
サロンによって使うトリートメントも違うし、工程も様々

いったい何が良くて悪いのか?
みなさん疑問に思いますよね?

いろんな種類がありますが、どのトリートメントにも言えること
それは・・・

トリートメントで髪は治らない!

僕はずっと口をすっぱくして
ブログやツイッターで言ってきたことです!

髪は死滅細胞だから治らないし、治すって言ったら法律違反になります

だから!
どんなトリートメントを使っても、
ナノスチームや遠赤外線アイロンを使っても髪が治るわけではないんです!

トリートメントは髪のコーティング剤

サラサラになる=治った は大間違い

サラサラになったから髪が治ったと勘違いしている方が非常に多いです。

1度傷んだ髪は治らないんです!なぜなら「死滅細胞」だから。
もう死んでしまっている細胞なんです。

傷んだ髪はキューティクルが剥がれたり浮き上がったりしているためザラザラします。
サロントリートメントには髪の表面をサラサラにするコーティング成分が沢山。

このザラザラ部分にコーティング剤が付着しコーティングするからサラサラな手触りになるんです!

トリートメントとは髪を綺麗に"見せる"もの

トリートメントとは髪を綺麗に"見せる"もの

photo by 寺村優太

トリートメントはお肌でいうスキンケアではなく
ファンデーションのようなもの!

そりゃファンデーション塗れば一時的には綺麗になりますが
肌が綺麗になったわけではないですよね!

確かにトリートメントには
ケラチン、CMC、いろいろな処理剤が存在します。
ではこれを死滅細胞の髪につけて
「内部補修」しているのならなぜトリートメントして数日後に髪が傷んだかも?
トリートメントがとれたかも?という感覚になるのか。

それは成分が髪に定着していないからではないでしょうか?

一時的に髪を綺麗に見せたい方になら
トリートメントはよいかもしれませんが、

それに過信して
無理なヘアカラーを繰り返したり、
傷んだ髪に更にパーマをかけたり・・・

トリートメントは髪を治すものではなく、
綺麗に見せるものです!
治りませんよ!

だから傷ませないヘアケアを
心がけてくださいね♪

この記事について質問する

この記事を書いた美容師さん

寺村優太

美髪アドバイザー 兼 Lily美容師。 ヘアケアのプロとして、多種多様なメディアに....

WorkCanvas

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク