春のトレンド大放出スペシャル【アレンジ】ゆるっとラフな雰囲気がカワイイ。

2017.04.16 公開
by airly編集部
0 | 803 point

2017年、今季春のトレンドを紹介するコーナー第二弾です。今回は、ヘアアレンジについて。今年らしいテーマとイメージとともにスタイリングをご紹介したいと思います!

ゆるっとラフ、とは

ラフとは、粗いや無造作などの意味があります。
ヘアスタイルで言うと、
無造作ヘアなどがそれにあたるでしょう。

作りこまない大雑把さがポイントとなってきます。
作りこんでいない雰囲気を作るのです。
張り切っていないくらいのチカラの抜けたアレンジ、
それを目指してみて下さい!

ラフな、柔らか濡れ感

濡れ髪でも、ラフさは出せます。
ざっくりとした前髪や束感は
ラフっぽく動かしやすいのです。
特にブラウン系のカラーをしている人は
色味自体が柔らかいので、
雰囲気も優しめにできますよ♪

ラフさを強調したい場合は、
ぜひオイルで濡れ髪を作ってみて下さい☆

ラフでパキッと、濡れ髪

黒髪×濡れ髪でラフスタイルをつくる場合は、
パキッとしたイメージに仕上がりますが
空気感と黒髪の硬さのギャップが
おしゃれさをプラスしてくれます。

雰囲気を作るよりおしゃれさが欲しい人に
おすすめのヘアスタイルになっています。

シチュエーションをもつくる。

うざバングという言葉
最近よく耳にしませんか?
うざバングもラフさというテーマから
生まれたものです。

サイドの髪の毛が、
ふわっと風で流されてきたというシチュエーション
をヘアスタイルで表現するとこのような感じ。
簡単なようで難しいかもしれませんが
可愛いのでぜひ真似してほしいです。。

キメない余裕を。

バシッと決めちゃいたくなるヘアスタイルですが
あえてボサっとゆるっとふわっと、
自然体です。ってくらいにラフでもいいんです。

Instagramはこちら

※airly内記事または外部サイトへ遷移

アメブロはこちら

※airly内記事または外部サイトへ遷移

いかがでしたでしょうか。
テーマのイメージを汲み取ってもらえたなら嬉しいです♪

トレンドって変化がはやいものです。
ついていけないとは言わずに、
自分の好きな切り口から、興味から、
追いついたり追い越したりして
自分らしさを忘れずにおしゃれを楽しみましょう♪

この記事について質問する

この記事を監修した美容師さん

yusuke komatsu 【Luxe】

東京・南青山 『Luxe(ラグゼ)』Salon Director。『似合わせ』と『....

AMERI

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

デイリーランキング

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク