ヘアケア基本のキ♡トリートメント・コンディショナー・リンスの違いとあなたが選ぶべきモノ

photo by Akihiro Tsuduki

ヘアケア基本のキ♡トリートメント・コンディショナー・リンスの違いとあなたが選ぶべきモノ

2015.03.18 公開
by Akihiro Tsuduki
1 | 3637 point

トリートメント、コンディショナー、リンス。どれも使うタイミングは同じように感じるけど、その違いは意外と知られていないのではないでしょうか?それぞれの特徴をわかりやすく説明します♪ 

そもそもトリートメント・コンディショナー・リンスって別物なの?

そもそもトリートメント・コンディショナー・リンスって別物なの?

photo by pixabay.com

トリートメントもコンディショナーもリンスも
漠然と「髪を滑らかにしてくれるもの」くらいの感じで

一緒のものだって考えてたりしませんか?

実は役割が全部違っていて、
人によって使うべきものもそれぞれ異なるのです。

今回はヘアケア「基本のキ」ということで、
それぞれの違いについて説明いたします。

トリートメントは毛髪内部を補修する働きが♡

トリートメントは毛髪内部を補修する働きが♡

photo by Akihiro Tsuduki

一番の大きな違いはどこに作用するかというところ。

トリートメントは髪内部に浸透して、
《髪の内部》に作用します。

そのためこの3つの中では
一番ダメージ補修などには効果的と言えます。

カラー+パーマなどをやっている方はトリートメント
といわれるのはこういうことですね。

※但しトリートメントは万能ではなく下手な使い方は悪化を招くこともあるので
必ず美容師さんに相談してから使ってください。
※使用しないほうが髪にいい場合も当然存在します。

サロントリートメントと市販トリートメントの違いは
ズバリ中に入っている成分の違い。

ものすごーく簡単に言うと、
市販のトリートメントは「誰にでも」効果が出やすいように
ある程度一般化された商品になっています。

逆にサロンのトリートメントは複数の薬を配合して使う形式が多数。
美容師さんが処方箋を出すことによって安全に
効果を最大化しやすいような形になっています。

ヘアケアはお医者さんから薬をもらって飲むことと
同じことです。

大事な肌や髪を守るためにもしっかり相談の上実施するのが
オススメです^^

リンスは表面を滑らかにする働き♡

リンスは表面を滑らかにする働き♡

photo by Akihiro Tsuduki

逆にリンスは《髪表面》を滑らかにするもの。
キューティクルを整える働きがあります♪
指通りを滑らかにしたりしてくれる効果がありますよ。

注意していただきたいのが
特段ダメージ補修の働きはないということ。

リンスをしていてするする滑らかになるのは
シリコンというすべすべになる成分で表面が
整っているからに過ぎないんです。

役割を認識した上で使ってあげるのがベストです^^

コンディショナーはトリートメントとリンスの間のようなもの♡

コンディショナーはトリートメントとリンスの間のようなもの♡

photo by Akihiro Tsuduki

コンディショナーはトリートメントとリンスの中間のようなもの。
表面〜内部にかけて作用します。

毛髪表面を整えてから、内部に少しだけ浸透していくイメージです。

あくまで「基本のキ」。毎日のお手入れが非常に大事☆

あくまで「基本のキ」。毎日のお手入れが非常に大事☆

photo by Akihiro Tsuduki

あくまでこれらはヘアケア「基本のキ」。

髪の毛をいたわってあげるデイリーの取り扱いが
やっぱりなに良り大事です。

○トリートメントは毛先を中心に
○髪が濡れたまま寝ない
○髪に負担の大きなブラッシングはやり過ぎない

こういうちょっとしたいたわりがすごく大事になってきます^^

髪の毛を大事にしてあげて、
いつもきれいなあなたでいてください♡

違い、お分りいただけましたでしょうか?

ヘアケアはお医者さんの薬と同じ。
美容師さんと相談して、自分似合った形のケアを
見つけてもらえればと思います。

きれいな髪を楽しんでください。

この記事について質問する

この記事を書いた美容師さん

Akihiro Tsuduki

deapres都築晃弘 「Deapres(デュアプレ)]青山・表参道、初め4店舗....

WorkCanvas

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク