黒染めorトーンダウンをした髪を『できるだけダメージを少なく』明るい髪に戻す方法☆

photo by 尾形拳

黒染めorトーンダウンをした髪を『できるだけダメージを少なく』明るい髪に戻す方法☆

2015.08.17 公開
by 尾形拳
2 | 4722 point

就活やイメチェンのために黒染めや髪色のトーンダウンを行った後、また明るいカラーに戻したい時、あるますよね。そんな時に一番気になるのが髪のダメージ!!そこをできるだけダメージを少なく、ブリーチを使わない方法で明るく戻す方法をご紹介いたします。

まずは黒染めを落とす事!!

まずは黒染めを落とす事!!

photo by 尾形拳

暗いままでカラーを塗布しても
髪は明るくなったり希望の色にはなりません。

そこで活躍する薬剤が脱線剤!!

簡単に説明しますと髪の中のカラー剤の色を抜く薬剤なのです!!

黒染めした黒いカラーを抜く事で
髪をもとの明るい状態や

髪がカラーリングで染まる状態にもっていくための薬剤なのです。

こちらを使って『まずは黒染めを落とす』ことが
最初のステップになります。

シャンプーの選び方

※airly内記事または外部サイトへ遷移

暗くした部分の黒染めがなくなって明るくカラーが染まる状態になります。

暗くした部分の黒染めがなくなって明るくカラーが染まる状態になります。

photo by 尾形拳

脱線剤を暗い部分に塗布して10分〜15分時間をおきますと。

黒染めやトーンダウンした部分のカラーが
少しずつ抜けてきて元の状態になります。

ですが、ただこの状態は明るくなったのみ。

カラーの色が抜けた状態なので。。。

次に希望の色をかぶせます。

ここまでくれば
後は普通に希望のカラー剤で
きれいに染めれば希望の色に仕上がりますよ。

黒髪でも可愛くなる方法

※airly内記事または外部サイトへ遷移

後は普通に希望のカラーを被せて完成です。

後は普通に希望のカラーを被せて完成です。

photo by 尾形拳

脱線剤はあくまでカラーを抜く薬剤なので流して
シャンプーした後もう一度希望のカラーで染めましょう。

【暗いカラーを抜く】→【もとの状態に戻る】→【希望のカラーをする】

という考えです。

ただ出来るだけダメージが少ない方法ではありますが

髪にはかなり負担をかけてしまう事に変わりはないので
注意して担当の美容師さんに相談してくださいね。

夏になってバッサリ短くしたい方に☆☆

夏になってバッサリ短くされたい方は下のボタンをクリック!!

カットで可愛くなるショート

※airly内記事または外部サイトへ遷移

黒髪をどうしても明るく戻したい場合の
できるだけダメージを少なくする方法です。

どうしても明るくしたくて参考にしていただけたら
美容師さんにお願いしてくださいね。

ただ黒髪にしてまたすぐに明るくする事は
美容師的にはオススメはできないので注意してください。

最新ヘアスタイルは尾形拳のインスタにアップしております。
https://instagram.com/ken.ogata/

尾形拳のサロン情報はこちら
http://beauty.hotpepper.jp/sln65/stylist/T000245760/

この記事について質問する

この記事を書いた美容師さん

尾形拳

ルピアス青山 店長 青山の人気サロンでトップスタイリストとして様々な経験を積み、可....

WorkCanvas

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

「ヘアカラー」に関するQ&A

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク