【徹底解説】自分に合った『コテ』の選び方・ふんわりヘア&前髪の作り方

photo by 尾形拳

【徹底解説】自分に合った『コテ』の選び方・ふんわりヘア&前髪の作り方

2015.07.23 公開
by airly編集部
0 | 5037 point

たくさんあるコテの中から使いやすいものを選ぶのも至難の業。今回はそのコテの選び方の基本から、実際にコテを使ってどのよう巻き髪を作っていくのかまで、全部教えちゃいます♪ コテのことで気になることがあるなら、是非チェックしてください♪質問もしていただければ美容師さんが答えてくださいます♡

コテってぶっちゃけどれが一番いいの?

コテってぶっちゃけどれが一番いいの?

photo by 尾形拳

コテには種類がたくさん…
どれを使ったらいいか分かりにくいですよね。

まずはその太さを選ぶ方法を知っておきましょう!

26~38と、いろんなサイズがあります。

1つの目安として、自分の髪の長さで選んでみましょう!

アイロンはたくさん種類がありますが髪の長さでサイズが変わります。
僕が個人的にオススメする髪の長さとアイロンのサイズについてまとめてみました。

【ロングヘアの方】〜ゆる巻きなら38ミリ、しっかりカールですと32ミリがオススメです。
【ミディアムの方】〜ゆる巻きなら32ミリ、しっかりカールですと25ミリがオススメです。
【ショートヘアの方】〜25ミリアイロンがオススメです。

好きなスタイルにもよりますがこのくらいのサイズを使って巻くと巻きやすいですよ♡♡


by 尾形拳

引用元 https://airly.co/141

ダメージが気になる方は、あえて細めのものを選ぶ
というのもアリみたいです!

低温で巻くとダメージをおさえられます♪


130°を超えると髪はドンドンダメージしてしまいます。

毎日巻いたりダメージが気になる方は130°くらいが髪の負担を少なくする温度設定です。
美容師さんはもう少し高温で設定しますが、
短時間で巻き髪を仕上げる前提の設定なので
何度も巻いて決まらないかたにはオススメできません。

ダメージさせないテクニックとしては
【低温で細めのアイロンで巻く】というテクニックもあります。

by 尾形拳

引用元 https://airly.co/141

ダメージレスなコテ『ヘアビューロン』とは・・・?

ダメージが気になる・・・
とことん髪を大事にしたい・・・!

という方におすすめしたいのは
『ヘアビューロン』!


写真の女性の髪も、そのヘアビューロンで巻いたものです♪

髪の毛はタンパクでできているため
熱を加えると硬くなってしまいます

しかし、ヘアビューロンは
タンパク質を保護しながら熱を加えるため傷みを与えないとのこと。

そして巻けば巻くほど髪質がよくなるので
巻き直しが多くても痛まないそうです。

本気で髪の毛を改善したいのであればオススメです!

by Kazutoshi Tsurutani

引用元 https://airly.co/762

次は、「巻き方」です!いろんな巻き方を覚えましょう♪

次は、「巻き方」です!いろんな巻き方を覚えましょう♪

photo by 尾形拳

コテの巻き方、何種類くらい覚えてますか??

巻き方によって特徴もあるので
気になるものから練習して、最終的に全部できるようになると楽しいですよ♪

美容師の尾形さんが巻き方と特徴をまとめてくれているので
チェックしておきましょう♪

『内巻き、フォワード』:
 ○どんな巻き方??
  後ろから前に向けてアイロンを入れる内側に入る巻き方。
 ○特徴は??
  収まりやすくなる。収めたい方は毛先のみワンカール巻くとしっかり収まりますよ。

『外巻き、リバース』:
 ○どんな巻き方??
  前から後ろに向けて巻く方法、ハネや外側に動きをつける。
 ○特徴は??
  動きが欲しい部分を外巻きで巻くと動きが出て可愛いですよ♡

『平巻き』
 ○どんな巻き方?
  床と平行にアイロンを入れる事。毛先にコロンとしたあつみを出すことに有効。
 ○特徴は??
  髪の下の部分を巻くと厚みが出て可愛いですよ♡

『中間巻き』
 ○どんな巻き方??
  髪の中間部分を巻く方法。髪の高い位置、中間部分から動きが出る巻き方。
 ○特徴は??
  高い位置から動きが欲しい部分を巻くと動きがつきやすくなります。

by 尾形拳

引用元 https://airly.co/284

早速『ふんわりヘア』を作ってみましょう♡

早速『ふんわりヘア』を作ってみましょう♡

photo by 森井亮介

①このままじゃシンプルすぎますよね。ゆるふわカールを作りましょう♪

②③2つに分けた髪の片方を毛先から一気に巻き込みます。
  この時使用するアイロンの太さは32㎜または38㎜がオススメですよ^^

⓸これがいわゆる巻き髪。
 ここからひと手間加えてサロン風を目指します♪

⑤⑥
 巻いた状態から、頭の上の表面の髪を”ひとつまみ”束をとって中間から巻きます。
 それを2か所に施しましょう。

⑦ドライヤーで思い切って風を下から当てます!
 ナチュラルな感じに仕上がります♪

⑧最後にワックスを揉みこんで完成です^^

ここまでわずか5分!

手軽に自然なふんわりヘアーの完成です^^

by 森井亮介

引用元 https://airly.co/75

アクティブな夏には知っておきたい♪崩れない巻き髪を作る方法♡

アクティブな夏には知っておきたい♪崩れない巻き髪を作る方法♡

photo by 尾形拳

コテでせっかく巻いても取れちゃうともったいないですよね!

巻きがとれないようにするコツは
◎細めのコテでしっかり巻いておく
◎スタイリング剤を付けすぎない
です!

スタイリング剤をたくさんつけたほうが
しっかりくせがつくのでは・・!

と考えてたくさん付ける方も多いようですが、それは逆効果!

コテでくせを付けるのを大事にしましょう◎

最後のスタイリング剤をたくさんつけてしまうとスタイリング剤の重みでカールは落ちやすくなってしまいます。
ポイントは『決してつけすぎないこと!!』

ワックスをつけすぎる失敗が多い人はスプレータイプのワックスに変えるだけでベタッとしなくなりますよ。
ワックスを普段使う方は小量のワックスをまず手のひらに馴染ませて下から軽く揉み込むようにつけると可愛くなりますよ☆

by 尾形拳

引用元 https://airly.co/558

コテを使った『前髪セット』の方法もご紹介します♡

コテを使った『前髪セット』の方法もご紹介します♡

photo by Kota Numayama

『ふんわりバング』のセットもコテでできちゃうんです♪

下から髪を持ち上げるように巻くとふわふわで厚みのある前髪が作れます!

巻きに入る前に、まずは前髪を3段階に分けてみます!

・下1/3の前髪を残して、残りの前髪を上で留めておく。

・下1/3を巻いたら、固定していた前髪から半分を下ろし巻く。残りはまた上で留めておきましょう。

・最後、固定していた全ての前髪を巻く。

写真のように①②③の手順で、前髪を分割して巻いていきます。

by Kota Numayama

引用元 https://airly.co/603

いかがでしたか?
自分に合ったコテをゲットして、
とことん使いまくっちゃいましょう♪

この記事について質問する

この記事を書いたライター

airly編集部

WorkCanvas

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク