旬アレンジの隠し味☆”細めの後れ毛”をマスターして更に可愛くヘアアレンジ♪

2015.07.16 公開
by airly編集部
0 | 19874 point

ヘアアレンジにもはや欠かせないのが”後れ毛”!!その”後れ毛”にも実はトレンドあり。今年は、【細め】の後れ毛をアレンジに忍ばせるのが欠かせませんよ☆ショートからロングのアレンジに細めの後れ毛で色気をプラスして、更に女性らしい最旬アレンジにしちゃいませんか?大人気の木村達沖さんのアレンジ集から抜粋してまとめましたので、参考にしてくださいね☆

ポイント1:【さりげなく】

ポイント1:【さりげなく】

photo by Tatsuoki Kimura

第一に重要なのは、【さりげなさ】

後れ毛をつくる時に、
さりげなく出すのって難しいですよね。

さりげなさを醸すためには、
ベースの髪を全体的にウェーブ巻きをしておくことです。

ストレートでも出来ますが
アレンジしやすいベースカットにしていないと、
すこしやぼったく見えてしまうきっかけに。

さりげなく後れ毛をつくりたい時は、
全体を同じ感じで巻いておくのがお勧めですよ☆

昔のようにこめかみからばさっと後れ毛をつくるのはNG×

耳後ろやうなじから、指でほんのすこしだけ引き出して、
バランスをみながらワックスで束感をつけていきましょう!

アレンジ前の一手間☆

※airly内記事または外部サイトへ遷移

ポイント2:【色っぽく】

ポイント2:【色っぽく】

photo by Tatsuoki Kimura

後れ毛は”色気”を出したい時にはうってつけテクニック☆

引き詰めたアレンジよりも、
顔周りに張り付くようなウェット感のある後れ毛が今風アレンジです。

耳の横のこめかみの所だけでなく、
前髪の端やうなじから少しずつ引き出しすのがポイント☆

バラバラだすのでは無く、
束感を残すことを意識してつくっていきましょう^^

ポイント3:【出しすぎない】

ポイント3:【出しすぎない】

photo by Tatsuoki Kimura

トータルバランスが何よりも大切です。

髪をアレンジしてみて
すこし柔らかさが欲しいなと思ったらつくってみたり、

逆に顔周りに毛があるとすこしやぼったく見えたり、
ファッションに合わなかったりした時には、

あえて後れ毛をつくらないことも。

これからシーズンの浴衣アレンジなども要注意☆

浴衣によっては、後れ毛をつくることで、
浴衣の持つイメージが変わってくることもありますよ。

バランス重視で、
後れ毛の出す分量を決めてみましょう☆

ショートアレンジでも後れ毛でキュートに☆

ショートアレンジでも後れ毛でキュートに☆

photo by Tatsuoki Kimura

アレンジに悩みがちなショートさんですが、
実は”後れ毛”によって可愛いアレンジつくれちゃいますよ♡

写真は、複数箇所をねじってとめた簡単アレンジですが、
うなじの所や耳の後ろ、顔周りの毛を後れ毛風にしています。

髪が短くてたまたま上手くまとまらなかったときも、
ワックスでまとまらなかった毛を束ねて、細めの後れ毛風にスタイリング☆

すると一気に最旬のアレンジに♪
ショートやボブの方も可愛くなれるテクニックなんです^^

その他アレンジはこちら

※airly内記事または外部サイトへ遷移

いかがでしたか?
後れ毛だけで、アレンジの印象はがらっと変わりますよね☆

3つのポイントをマスターして、
ぜひいつものアレンジを最旬スタイルにチェンジしてみてください^^

この記事について質問する

この記事を監修した美容師さん

Tatsuoki Kimura

東京の立川Lacisaでオーナーのスタイリストをしています木村達沖です。カットとヘ....

WorkCanvas

更新状況をチェック!

記事が気に入ったらいいねしよう

Twitterでairlyを Follow @by_S_me

スポンサーリンク

あなたにぴったりの美容師さんを探す

人気の美容師さん

スポンサーリンク